サイトメニュー

クリニックはどう選ぶ

顔に触れる女性

経験豊富な医師が安心

美容面が問題となっていて、いぼを除去しようと考えている場合、美容皮膚科などの美容クリニックに行く人が多いです。一般皮膚科は主にいらない組織を除去することを目的に治療する一方で、美容クリニックでは治療後もきれいな肌になるように気をつけてくれるためです。加齢に伴って増えがちな老人性いぼは顔を中心に出るので、痕が残りにくいように気を遣ってくれるか否かは大切でしょう。いぼを取る方法は、炭酸ガスレーザーを用いた施術が多いものの、大きなものを除去する場合は切除法が選択されます。レーザーは医師の動作をサポートしてくれる様々な機能が搭載されていますが、やはり沢山の経験がある医師に任せたいところですし、切除法においては殊更です。切除法はメスで組織を切り取ってから、傷を縫合します。縫合の仕方は何種類かあり、その内傷が残りにくいのは真皮縫合です。表皮で縫合すると皮膚が引き攣れたり、縫合部分が盛り上がったりすることがあるものの、真皮縫合は皮膚の奥を縫うので、そういったトラブルが起こりません。また、使う糸は吸収糸のため、抜糸の必要もありません。ただし、どの美容クリニックでも真皮縫合で仕上げるわけではないです。真皮縫合を行うのは形成外科や美容外科が多く、美容皮膚科の場合は確認が必要です。老人性いぼは皮膚の老化現象の一種で、皮膚の良性腫瘍です。紫外線によるダメージが原因だと考えられており、30代以降出現しやすくなります。良性なので特に取る必要はないものの、徐々に大きくなっていくことが多いため、審美的な問題で除去を考える人は少数ではありません。小さい内に取っておいたほうが、施術料金が安く、痕も残りにくいです。老人性いぼが気になりだしたら、美容クリニックに相談するといいでしょう。多発している場合、料金が気になる人もいるかもしれません。美容クリニックでは、顔のいぼ取り放題といったプランや、手の平1枚分いくら、といったプランを用意していることがあります。料金を抑えたい場合は、セットプランを用意しているクリニックを選ぶと安心です。また、いぼは保険内で除去することも可能です。しかし、保険適用となるのは液体窒素療法だけで、レーザーなどは適用されません。液体窒素で組織を凍らせて除去するという方法のため、痛みと傷跡に我慢する必要があります。せっかく審美的な問題を解決するために施術するのですから、傷跡が残りにくい方法を選ぶのが賢明と言えます。また、レーザーなどでは再発リスクが低い一方、液体窒素は再発リスクが高めです。

Copyright© 2019 悩ましいいぼの処理方法【顔の印象を大幅に変えることにも繋がる】 All Rights Reserved.